妊娠中に知っておいてほしいこと

暮らしの中で楽しむ胎教♪効果的でおすすめの方法と3つのポイント

おなかの赤ちゃんと心も体もつながっている、貴重な貴重なマタニティ期。

時間と機会を大切に過ごしていきたいですよね。

おなかの赤ちゃんにも、これから始まる子育てにも、すごくやさしくておすすめなのが胎教。

せっかく胎教をするなら、効果的な方法を知って取り組みたい!

そんなマタニティさんへ、前回は、赤ちゃんと一緒に楽しく胎教に取り組むと、どんな素敵なこと、どんな効果が期待できるのでしょう?というお話をさせていただきました。

3回シリーズ最終回。

今回は、胎教のおすすめの方法を紹介します。

わたしも妊娠中、息子と楽しんだおすすめの方法です。

暮らしの中で楽しくできる胎教

ぜひ、おなかの赤ちゃんと、気軽に楽しんでみてくださいね♡

 

胎教について考えよう♪胎教にいいってどういうこと?効果はある?胎教って聞いたことあるし、やった方がいいと思うけど、何をするのかいまいちよくわからない。 胎教にいいって言われるとやってみようかな...

 

胎教のうれしい効果~赤ちゃんのこころを育てママの感性を磨く~おなかの赤ちゃんの幸せを願っているマタニティさんに、ぜひ知っていただきたい胎教のこと。 前回は、赤ちゃんのこころを育て、ママの感性...

 

胎教のポイント3つ♪

その気になれば、すぐに始められるのが胎教のいいところ。

ポイントは3つ。

  • 赤ちゃんにママの気持ちを向ける
  • 双方向のコミュニケーションを意識する
  • ママ自身が楽しむ

この3つを意識すると、胎教のうれしい効果はさらにアップします♡

赤ちゃんにママの気持ちを向ける

おなかの赤ちゃんは、いつもママにメッセージを送っています。

ねぇ。ママ。あのね。

って。

そのメッセージをキャッチするアンテナは、すでに、あなたに備わっています。

あとは、チューニングするだけ。

ラジオの周波数をあわせるみたいに、ママの気持ちを赤ちゃんに寄せて、赤ちゃんの声に心を傾ける。

  • ほんとに?
  • 気のせいかしら?
  • 勘違い?

そんなこと考えなくて大丈夫。

ママのところに来てくれて、ありがとう。

最初に感謝の気持ちを伝えたら、赤ちゃんに心と気持ちを向けてみましょう。

ママの心や頭の中に浮かんだことがあれば、それは赤ちゃんからのメッセージ。

ありがとう♡と、受けとりましょう。

赤ちゃんもひとりの人。

赤ちゃんからメッセージをもらったら、お話してくれてありがとうと伝えてあげてくださいね。

双方向のコミュニケーションを意識する

コミュニケーションで大切なのは、キャッチボール。

双方向の会話を心がけましょう。

今からお話してもい〜い?

と聞いてみて、赤ちゃんが嫌って言っている気がしたら、その時はやめておけば大丈夫。

また今度ねって、声をかけてあげましょう。

ほとんどの場合、赤ちゃんからNOと言われることはありません。

赤ちゃんはママが大好き。

ママとお話できるの⁉︎って、赤ちゃんは喜んでくれることが多いんです。

すぐにお返事がなくても、心配しなくて大丈夫。

赤ちゃん寝てるのかもしれません。

「あ。今、寝てるのかな。」

そう感じる時がありますね。

大丈夫。あなたはちゃんと、おなかの赤ちゃんとつながっていますよ。

赤ちゃんからお話したいとお返事があったら、やりとりのキャッチボールを楽しんで。

この時のポイントが、双方向のコミュニケーションを意識するということ。

一方的にママの気持ちを伝えるんじゃなくて、赤ちゃんのレスポンスを待ってあげましょう。

小さなお子さんに接するように、ゆっくりやさしく。

おなかの赤ちゃんとのやりとりを楽しんでみてくださいね。

ママ自身が楽しむ

大好きな人が楽しそうにしていると、なんだかとっても嬉しくなりますよね。

赤ちゃんも同じ。

赤ちゃんも大好きなママが楽しそうにしていると、喜びます♪

  • 赤ちゃんにいいんだったら、やってあげなくちゃ
  • モーツァルトの音楽はα波がでていて、おなかの赤ちゃんがリラックスできるって聞いたから、聴かなくちゃ
  • おなかの中にいるときから、英語を聞かせてバイリンガルな子に育ってほしい。

気持ちはわかりますが、大切なのは、ママがそれをして楽しいかどうか。

世間一般でどんなにいいよといわれていても、効果があるといわれても、無理してやらなきゃってストレスになってしまったら本末転倒。

大好きなママが楽しんでいないこと、赤ちゃんが楽しいと思いますか??

なにをするにも、ママが楽しむこと(お酒とかタバコとかの話は別です)。

それが一番。

ママのわくわくで、赤ちゃんのわくわくを刺激しましょう。

感性の豊かな子に育ってくれますよ~。

暮らしの中で楽しむ♪効果的でおすすめの胎教をご紹介

普段の暮らしに取り入れて楽しんでいただけるものを2つご紹介します。

わたしも息子がおなかにいるとき、実際にやっていた方法です。

(息子の胎内記憶のお話はまた別の機会に。)

赤ちゃんと楽しむ気持ちだけもって、取り組んでみてください。

赤ちゃんに話しかけよう

ずっと憧れていた国に、初めて海外旅行に行ったと想像してみてください。

目に映るものすべてが新鮮で、美しくて、ワクワク・どきどきしますよね。

いつか行きたいと願っていた夢がかなった喜びはもちろん、ここでのステイを思いっきり満喫しよう、できるだけいろんな経験をしたいと思うのでは?

おなかの中の赤ちゃんも、同じ気持ちです。

お外の世界のこと、大好きなママのこと、もっと知りたくて聞きたくて、ウズウズ。

赤ちゃんをなでなでする気持ちで、おなかに手を当てて、たくさん話しかけてあげましょう。

ママに声をかけてもらって、赤ちゃんはすごく喜びますよ。

五感で感じる お散歩

お散歩も、おすすめです。

体調のいい時をみて、おなかの赤ちゃんと外の世界を楽しんで♡

ほほにふれる風、季節の匂い。

赤ちゃんと一緒に季節を楽しむ感覚で。

五感を使って、感じていきます。

ママがご機嫌に歩いて、五感でママが感じたこと、目に映るものを赤ちゃんに伝えていきましょう。

お出かけ前には、赤ちゃんの意思確認を。

ママお散歩行こうと思うけど、どう?って聞いてみて、赤ちゃんが今日はイヤだと言っているような気がしたら、その日はやめておけば大丈夫です。

お散歩の時の話しかけ【例】

赤ちゃんに話しかけるときは、その情景をママもイメージするといいですよ。

  • 今日はいいお天気だね~。
    ママね、おひさまの中歩いてて、ポカポカしていて、とっても気持ちいい。
  • もうすぐ春だね~。
    春になると、いろんな色のお花がたくさん咲いて、すごくきれいなんだよ~。
    あっ。
    お花のつぼみだ。
    いい匂いのお花咲くかなぁ。
    (好きなお花の匂いを思い浮かべながら)お花の匂いってね、こんなだよ。
     
  • お空の雲がね、もくもくしてきた。
    雨が降るのかなぁ。
    (ザーザーとかパラパラとか降り方もイメージ

    雨が上がると、お空が澄んで、とってもきれい。
    (虹を思い浮かべて)虹っていうのがあってね。
    見れるといいことある気がするんだよ♡ 
  • 葉っぱさん、きれいな色。
    葉っぱさんのところを歩くとね、カサカサいって、楽しいんだよ~。
    (実際に歩いてみたり、歩いたらこんな感じをイメージしてみる)
     
  • 今日は寒いね~
    ○○ちゃん(胎児ネームなんかもあるとより楽しめます)、大丈夫?
    寒くない?
    風さんぴゅーぴゅー言ってるね。
    お話しているみたいだね。

 といった感じ。

むずかしいことはありません。

伝わるかどうかも、心配ご無用。

ママがワクワク楽しければ赤ちゃんも楽しいんですよ。

ママと赤ちゃんの感覚は、つながっていますから。

ひとり言をいいながら歩いでいるみたいで、最初は恥ずかしいかもしれませんが、慣れてきます。

子育てが始まると、恥ずかしいもなにもなくなりますので、ちょっとずつ慣れておきましょう(笑)。

お子さんの感性がぐんぐん育つ、語りかけトレーニングにもなりますよ。

お散歩は、産前・産後へ向けたママの体力アップにも一役買ってくれますので、おすすめです。

体調と相談しながら、外の風にふれる。

感性が豊かになっているマタニティ期のあなたなら、いつもと違った景色が楽しめますよ♡

胎教は子育てする未来のあなたへの贈り物

 

おなかの中の赤ちゃんと一緒にする胎教は、特別なことでも、むずかしいものでもなく、日常の中で楽しみながらできることです。

胎教って、赤ちゃんにいいのはもちろんのこと、おなかの中の赤ちゃんとつながる経験は、産後のあなたを助けてくれます。

今、あなたがおなかの赤ちゃんとの時間を楽しむことは、未来の赤ちゃんとあなたへのプレゼントでもあるのです。

お子さんがおしゃべりできるようになったら、おなかの中でママと遊んでたこと覚えてる?って、聞いてみるのもお楽しみ。

あっという間のマタニティ期。

とびっきりプレシャスな時間でありますように♡

最後までお読みいただき、ありがとうございました。